このサイトでは、ダイレクトメールの発送代行サービスを利用するのに必要な費用の目安についてご紹介しています。
DMに適した売れるデザイン・テンプレートの特徴やデザインの作り方も取り扱っているサイトです。
さらにデザインを依頼した場合に料金は幾ら掛かるのか、そしてデザイン費を抑えるコツなども紹介しているサイトです。
これからDMを作りたい場合には、参考になる可能性があるため、ぜひ一度チェックしてみてください。

ダイレクトメールの発送代行サービスにかかる費用目安

ダイレクトメールの発送代行サービスにかかる費用目安 ダイレクトメールの発送にかかる手間や時間を削減したい場合には、発送代行サービスを利用するのが便利です。DMの印刷から封入・発送までをすべておこなうと、かなりの労力が必要ですが代行サービスを利用するとこれらの負担を軽減することができます。しかしその反面、ある程度まとまった費用がかかることになります。費用の金額は、はがきや封書などどのようなタイプのダイレクトメールを送るかによっても違いがあるほか、発送する部数によっても違ってくるものです。一般的にはハガキなら1枚100円ほど、封書の場合には200円ほどが料金の目安と言われています。これらには制作費や印刷代、さらに発送作業に必要な費用や送料が含まれます。

ダイレクトメールの発送代行業者を探すなら

ダイレクトメールの発送代行業者を探すなら よく耳にするダイレクトメールですが、パソコンやスマホに届くメール媒体の他にも紙媒体の物が、自宅に郵便物として届くことが多いです。内容は、普段利用しているお店やネットショップから新商品や新サービスについてのお知らせや販売促進の内容の広告であることが多く宣伝の一環として使われています。そのダイレクトメール、実は発送代行の業者によって送られてきた可能性もあります。ダイレクトメールの発送代行業者を使うメリットは、企業側にももちろんあります。まず、人件費が少なくて済むという点です。ダイレクトメールのデザインを考え、印刷を依頼し、送付するものを折りたたみ、封書にして住所をラベリングして発送する。ここまで手間がかかるのでは専門の業者にお任せした方が企業側にもメリットが生まれるんです。一括で発注をすることで送料が安く抑えられるというメリットもあります。発送代行はメーリングサービスとも呼ばれており、その業界の中でも大きな会社から小規模な会社まで様々あります。選ぶ際に参考にしたいのは、ダイレクトメールの発送をお願いする量です。100枚を送るのと数千枚送るのでは単価も変わってきます。インターネットでは比較できるサイトが複数あるので参考にしましょう。

ダイレクトメールを活用する上で重要な要素とは

企業や店舗が宣伝を行う上では、住所などの顧客情報が非常に役立ちます。特にリピート利用している顧客に対しては、定期的にダイレクトメールを送って販売促進をするのがポイントです。しかし実際にダイレクトメールを作成して発送する場合には、売り上げにつながる内容を考える必要があります。したがって封入するチラシのデザインを考え、適切なタイミングで発送することも大切です。そしてダイレクトメールを発送する上では、パンフレットなど封入物の重量も大きな要素になります。資料が重いと送料も高額になるので、軽くて内容を厳選したパンフレットを作ることも大切です。更にわかりやすい資料を作るためには、文章の作成や編集なども専門の会社に発注するのが望ましいです。サポートが充実した広告専門の会社であれば、封入する資料の作成から発送までを一元的に行えます。一連の作業を外注すると、企業内の宣伝担当のスタッフの負担も大幅に軽くなります。

ダイレクトメールを開封してもらうコツとテクニック

ダイレクトメールを開封してもらうためには相手に興味を抱かせることが大事です。そのためには相手の関心のあるものを知っておく必要があります。例えば車を買い替えようとしている人に対して、自動車会社のダイレクトメールを送信すればチェックしてもらえる可能性が高くなります。闇雲に送るのではなく、どのような相手に送れば効率が良いのか一度考えてみるのが大事です。ダイレクトメールを開封してもらうコツの中でも実践しやすいのが開封前に興味を引く方法です。中身が分かるような工夫をしたり、インパクトのあるフレーズなどを前面に押し出すことで受け取った人は開封したくなります。プレゼントとしてノベルティを入れるのも一つのテクニックです。ノベルティは販促物と呼ばれることもあり、主に企業が商品やサービスを広めるために作るグッズやアイテムを意味してます。このグッズやアイテムに力を入れることでより多くの人の関心を引くことができます。

ダイレクトメールの訴求力をアップさせるには

ダイレクトメールの訴求力アップを目指したいなら、明確なアプローチが必要になるでしょう。自分宛てのダイレクトメールであれば多くのユーザーは到着時に開封し、内容を確かめてくれます。ダイレクトメールの内容が魅力的なものであれば、商品を確認する、店舗を訪れるなど次の行動を取ってもらうことが可能です。訴求力を高めるには、ターゲットにとって興味のあり、触れてみたい情報が示されている必要があります。ただおすすめの商品情報が掲載されているよりも、お得なキャンペーンやクーポンが載っているほうが顧客の興味を惹くことができるでしょう。また、誰に向けてアプローチするダイレクトメールなのか、あらかじめ明確にしておくことも大切です。女性向けなのか、それとも男性向けなのかによっても掲載するべき情報やデザインは変わります。メールを開封してもらった瞬間は、顧客の行動を次のアクションへと繋げる機会です。興味をもってもらえる情報をアピールすることが大切になります。

ダイレクトメールは客層に合わせてデザインする

ダイレクトメールはデザインにも気を配ることで、顧客の興味をより惹くことができます。商品の価格や種類、あるいはサービスの内容によってデザインを変え、もっとも色味やイメージなども考慮することが大切です。例えば商品が高額な場合は大々的にスペースを取って商品の購入をアピールするよりも、付帯するサービスやキャンペーン情報などを掲載すると良いでしょう。高額な商品の割引情報が掲載されていれば、顧客はチェックしてくれる可能性が高くなります。まずは商品に触れるための経路を作り、顧客が自らアクションを返してくれるようにアプローチをするのがダイレクトメールの役目です。また、ダイレクトメールを届ける相手に合わせた設計も必須です。女性向けと男性向けでは好まれる色が異なります。年代によっても違いがあり、若年層向けにはポップなキャラクターなどが使われることが多々あります。一方で高齢層向けには落ち着いた雰囲気で、読みやすく大きな文字が配置されます。

無料テンプレートの活用で素早くダイレクトメールを送れる

ネットが宣伝の中心になっている時代、ダイレクトメールも重要な宣伝ツールの1つです。気軽に見てもらえますし、タイムリーに届ける事が出来るので、チャンスを有効活用できます。しかもチラシなどのように印刷の工程がないので、すぐに発信できるのも強みです。しかし、比較的簡単に作れるといっても、何を盛り込み、どんな構成で作ればいいのかは慣れないと考えるのが面倒です。さらに効率的な構成ではないと、かえってわかりにくくなり読んでもらえないという結果になります。伝わるダイレクトメールにするには、ある程度のフォーマットがあるほうが安心できます。そこで活用したいのが無料テンプレートです。これがあれば、フォーマットに合わせて情報を載せていくだけで完成します。もし、独自色を出したいなら、無料テンプレートを活用して、一部分を変えるだけでもダイレクトメールを作ることができます。一から全部を自分で作るよりも時間も手間も省くことができます。

ダイレクトメールは発送代行へ

ダイレクトメール 発送代行

新着情報

◎2022/3/23

情報を更新しました。
>ダイレクトメールを活用する上で重要な要素とは
>ダイレクトメールを開封してもらうコツとテクニック
>ダイレクトメールの訴求力をアップさせるには
>ダイレクトメールは客層に合わせてデザインする
>無料テンプレートの活用で素早くダイレクトメールを送れる

◎2021/4/14

デザイン料金はいくらかかる?
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ダイレクトメール 発送」
に関連するツイート
Twitter

届いたダイレクトメールは開封せずに赤いペンで受取拒否と書き認印を押してポストに投函すると発送元に返送代が請求されるので大抵リストから外れる。

【ご案内】2022年11/28(月)に、フィリアホールメンバーズ会員(メンバーズDM郵送可に設定)の皆様に、先行予約のご案内ダイレクトメール発送いたしました。

返信先:他1人早速のお返事ありがとうございます。 郵送交換可能です。 ちなみに同日発送と領収書の添付は可能でしょうか? ご検討のほどよろしくお願いいたします。 よろしければフォローとダイレクトメールへの移行お願い出来ればと思います。 よろしくお願いいたします。

届いたダイレクトメールは開封せずに赤いペンで受取拒否と書き認印を押してポストに投函すると発送元に返送代が請求されるので大抵リストから外れる。

クラウドワークスのコンペ「銀行向けに発送するダイレクトメールのデザインを公募します|Illustratorの下書き有り。」に参加しました。